ホットでクールなハーレー

根強い人気のチョッパースタイルとポリススタイル

ホットな人気のハーレー

ハーレー愛好家の間で長年人気を集めているホットなスタイルは、チョッパースタイルとポリススタイルでしょう!ハーレーのことをよく知らない人にとってはどんな特徴なのかわからないと思うので、そこでハーレーのことをあまり知らない人でもチョッパースタイルとポリススタイルの違いを紹介します。

チョッパースタイルとは英語で切り落とすという意味の言葉で、簡単にいえば市販品のアメリカンハーレーを購入した後にいらない装備を取り外してしまうことです。ハーレーは長距離を走ることを目的とした大型自動二輪なので、遠方に行けるように大型の燃料タンクやペットボトルを入れる箱などを設置しています。ただ遠方への移動のために必要とはいえ大型タンクや設備というのは重量があるため、スピードが出にくいだけでなく燃費も重量があるので消費量が多いのが難点です。そこでチョッパースタイルはタンクを小型化に変えていらない装備を取り外すことで軽量化し速度を出しやすくしたのが特徴です。

ポリススタイルの特徴は、ポリスと書かれているようにアメリカの警察が乗るバイクという感じでカスタマイズしたハーレーのことです。ポリススタイルは運転を楽しむというよりも、見た目のカッコ良さを重視しているので2人乗りのためのタンデムやバイクの両サイドにカバーを付けたり前方には風よけのウインドカバーを設置しています。

ハーレーでツーリング